インプラントQ&A⑥

犬歯が虫歯になり、ブリッジかインプラントかの選択を迫られています。どちらが良いですか?

犬歯を抜歯しなくてはいけなくなったようですね。
犬歯は歯の中でも特に長い歯なので、噛み合わせにとても大切な歯となります。また、ブリッジで、犬歯を回復するには最低3本の歯を利用して4本の歯を作ることになります。周りの歯(隣り合わせの歯)の状態を判断した上でどちらにすればよいか考えなくてはいけないと思います。特に隣り合わせの歯が健康で何も問題ない場合は、インプラントをお勧めします。

|

インプラントQ&A④

インプラントは保険適用にならないのですか?

現時点でインプラントが保険適用になるのは難しいと思います。
医療費抑制の国の方針のため日本では難しいと考えます。 山口県,インプラント40代女性

|

インプラントQ&A③

インプラントは、どの医院でも出来る安定した医療なのでしょうか?

適切な手術テクニック・清潔な手術環境・治療終了後の定期的な検診の受診などが守られれば、安定して使えるものです。

|

インプラントQ&A②

②インプラントは何でできているのですか?
 アレルギー反応はありませんか?


インプラントは純度99.75%以上のチタンでできています。チタンと骨や歯ぐきには親和性があると証明されています。金属アレルギーの方でも、チタンアレルギーではない方がほとんどです。

| | コメント (0)

インプラントQ&A①

インプラント治療とはどんな治療ですか?

歯を失った方が、新しく歯を入れる治療の一つです。
歯を失った所にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に歯をつくる処置です。

|