全国の医療費の状況

全国の状況

※平成17年度の国民医療費は33.1兆円であり、平成7年度と比べて6.1兆円、22.9 %の増加となっています。高齢化の進展に伴い、老人医療費も増加し、平成17年度の数値で11.6兆円であり、平成7年度と比べて2.7兆円、30.6%の増加となっています。また、国民医療費の国民所得に対する割合は、平成17年度の数値で9.0%であり、介護保険制度が導入された平成12年度を除き、年々増加しています。

Photo 【国民医療費等の推移】

出典:国民医療費・老人医療事業年報(平成17年度)

国民所得は、平成7年度以前は、内閣府「国民経済計算年報(平成17年版、平成8年度以降は、内閣府」)

「国民経済計算年報(平成19年版)による。」 

 「国民医療費」とは、医療機関等における傷病の治療に要する費用を推計したもので、診療費、調剤費、入院時

食事療養費、訪問看護療養費のほか、健康保険等で支給される移送費などを含む。ただし、健康診断や予防接種、

正常妊娠・分娩などの費用は含まない。 

|

山口県の医療費

山口県の医療費の状況

平成17年度の県の医療費は4,615億円となっています。

1人当たり医療費は309千円で全国順位は高い方から7位、そのうち入院医療費は126千円で全国7位、入院外医療費は110千円で全国11位となっています。

県の医療費のうち、老人医療費は1,946億円で、県の医療費の42.2%を占め、その占める割合は全国4位となっており、老人医療費の状況が、県の医療費に大きく影響しています。

平成17年に約149万人だった本県の人口は、平成37年には約125万人にまで減少すると推計される中、平成17年には約18万人だった75歳以上の人口は、平成37年には約28万人に増加すると推計されており、県の医療費に占める老人医療費の割合は、今後、急速に増加すると予想されます。

審美歯科 矯正歯科 インプラント

| | コメント (0)