トップページ | 山口県人口 »

インプラントとは

imp_img.gifインプラントは、何らかの理由によって、歯を失った場所に入れ歯やブリッジ(両隣の歯を削ってかぶせる)でなく、単独で歯を作る事が出来ます。
骨の中に金属などを埋め込むことを総称してインプラントと呼びます。歯科では人工歯根のことを指します。以前は材料として金、サファイア、鉄、ステンレス、アルミニウムなど多様な素材が使われてきましたが、どれも良好な結果が得られませんでした。しかし、1965年にスウェーデンの学者のブローネマルク教授が開発したチタン製のインプラントが使用され、現在も安定して使用されています。
これはチタンが骨と結合するという特質をもっていたからです。その代表的なものが「ブローネマルクインプラントシステム」です。

|

トップページ | 山口県人口 »

インプラントとは」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。