トップページ | 2008年7月 »

インプラントと年齢

Photo インプラント治療が必要な方、つまり歯を失った方は高齢者が多いのが現実です。
しかし高齢者の方がよくおっしゃられることが、『私ももう歳だから・・・』。
確かに、高齢者は若年者に比べて、創傷治癒が遅いと言われています。骨折をした時、若年者の固定期間は高齢者の固定期間よりも短くてすみます。これは血管や細胞の機能が変化しているためです。
このことは、たくさんの科学者によって研究されてきました。研究の結果、高齢者は若年者に比べて治癒に時間はかかるが、最終的な治癒に差はないといわれています。これは、骨・歯ぐき共にいえることです。

インプラントの治療実績の研究も行われてきました。
1998年ザーブらの論文によれば、高齢者にも若年者と同様にインプラント治療が可能であり、予知性も高いと示されています。
年齢でインプラント治療ができないということは、ありません。ただし、全身の管理を適切に行うことが必要です。

3 一方、若年者はどうでしょうか。
1996年コッホの論文では、インプラントは顎骨の成長に対応しないため、成長期を終えた後に行うべきとされています。ここでいう成長を終えたとは、3年間で0.5cm以下の成長を指します。具体的には男性18歳以下、女性16歳以下は対象外と、されています。
ただし、もともと歯が複数ない方(先天性無歯顎症など)は例外とされています。

| | コメント (0)

インプラント必要本数

インプラントの必要本数は、極めて難しい問題です。一人一人骨の状態や残っている歯の状態が違うからです。しっかりした骨の方は、少ないインプラントの数で使うことができます。(下の総入れ歯の方はしっかりした骨があります)また、残っている歯が強ければインプラントの数は少なくても問題ありません。しかし骨が薄かったり、残っている歯が弱かったりすれば、通常よりも多くインプラントを必要とします。また残っている歯のある場所にも気を使います。
例えば部分入れ歯を使っている方で、入れ歯を使ったり使わなかったりする事があれば、他に負担が大きくかかります。

インプラントは基本的に複数になると連結して使います。1本の時よりも、2本連結した時の方が2倍以上の力を発揮するからです。そして3本連結すると、より大きな効果をうみます。(1本や2本の場合には回転力が発生しやすいのです。)
1995年のRangertの論文によれば、奥歯に1~2本のインプラント治療をした歯ぎしりをする患者さんにトラブルがあったと、報告しています。

歯は上下で親知らずを除いて、それぞれ14本ずつあります。インプラントは1本の歯に対して、1本必要というわけではありません。
下の歯が全部ない人(総入れ歯)が、必要なインプラントの数は3~5本です。同じように上の歯が全部ない人(総入れ歯)が、必要なインプラントの数は4~8本です。(上と下では骨の密度が違います。下の骨はしっかりしていることが多いです)逆に2本の奥歯を作る時に、必要なインプラントの数は2~3本です。
1995年にブローネマルク教授は、条件がそろった場合、総入れ歯の方に6本のインプラント埋入をするより、4本のインプラント埋入をする方が、予知性が良いと発表しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口県の医療費

山口県の医療費の状況

平成17年度の県の医療費は4,615億円となっています。

1人当たり医療費は309千円で全国順位は高い方から7位、そのうち入院医療費は126千円で全国7位、入院外医療費は110千円で全国11位となっています。

県の医療費のうち、老人医療費は1,946億円で、県の医療費の42.2%を占め、その占める割合は全国4位となっており、老人医療費の状況が、県の医療費に大きく影響しています。

平成17年に約149万人だった本県の人口は、平成37年には約125万人にまで減少すると推計される中、平成17年には約18万人だった75歳以上の人口は、平成37年には約28万人に増加すると推計されており、県の医療費に占める老人医療費の割合は、今後、急速に増加すると予想されます。

審美歯科 矯正歯科 インプラント

| | コメント (0)

インプラントと骨(骨量)

世界的な骨量と骨質の評価は、1985年にレックホルムとザーブによって発表されたものが、一般的です。これはX線診査と臨床的評価でされるものです。

骨量:
タイプA 大部分の歯槽骨が残存している
タイプB 歯槽骨に中程度の吸収が認められる
タイプC 大部分の歯槽骨が吸収している
タイプD 顎骨に吸収が認められる
タイプE 顎骨に著しい吸収が認められる

骨量とはインプラント治療に用いることのできる骨の量のことです。抜歯を行いますと、時間の経過と共に歯を支えていた骨(歯槽骨)は吸収していきます。これは、インプラント治療を行うときに、利用したい骨がどんどん少なくなっていくのです。

前歯と奥歯の骨を比べると、上下共に前歯の骨の方が、骨量が豊富です。前歯のインプラント治療ができないほどの骨が吸収することは少ないです。(審美的に修復するのは難しいです。)これに対して奥歯は骨吸収により、インプラント治療を困難にすることがあります。下の奥歯であれば、歯を支えていた骨(歯槽骨)の下にある神経までの距離が短くなってしまうのです。このことは、インプラントの長さを制限してしまいます。(現在では骨の造成や、神経移動術により治療可能であります)

上の奥歯であれば、上顎洞という空洞があります。ここまでの距離が短くなり、十分な長さのインプラントを用いられないことがあります。
(現在では上顎洞への骨造成サイナスリフト、上顎結節・蝶形骨を利用するインプラント、頬骨弓を利用するザイゴマインプラントにより治療可能です)
下顎は上顎に比べて骨量が豊富なことが多いです。また、骨には皮質骨というしっかりした外側の骨と、海面骨という柔らかい内側の骨があります。下顎はこの皮質骨というしっかりとした骨の割合が上顎に比べて多いのです。

| | コメント (0)

インプラントと骨(骨質)

世界的な骨量と骨質の評価は、1985年にレックホルムとザーブによって発表されたものが、一般的です。これはX線診査と臨床的評価でされるものです。

骨質:
タイプⅠ 顎骨の大部分が皮質骨により占められている
タイプⅡ 中は密度の高い海面骨を、外は厚い皮質骨でおおっている
タイプⅢ 十分な強度をもった密度の高い海面骨を、薄い皮質骨がおおっている
タイプⅣ 密度の低い海面骨を、薄い皮質骨がおおている

骨質とは、骨密度のことを指します。ある程度の骨密度が高い方が、インプラントの埋め込みに有利です。
インプラント治療の埋め込みの時には、しっかりと固定することで骨との結合が高まります。

この骨質と骨量は、インプラント治療成功にどれくらい影響するものなのでしょうか。様々な論文の報告があります。
1969年にブローネマルクの論文では、骨密度はインプラントが長期にわたって機能するための重要な要素として考えられてきました。1977年には骨質タイプⅣや骨量タイプEは、インプラントの失敗に影響を与えると報告しました。しかし、1993年のバハトの論文では、骨質・骨量に影響なくインプラント治療が行えたと発表しています。

これらのことから、現在では骨質が悪い(柔らかい)時には、インプラント埋め込み手術(一次手術)後の治癒期間を延長することで、骨質の良い(硬い)時と同様な骨との結合状態(オッセオインテグレーション)になると、考えられます。

| | コメント (0)

インプラントの歴史

Imp_00 インプラントが最初に用いられたのは、紀元前と言われています。
今使われているシステムが確立したのは1960年以降です。

このインプラントシステムは、1952年にスウェーデンのブローネマルク教授によって開発されました。
ウサギの骨にチタン製の生体顕微鏡の器具を埋め込み骨の観察を行っていました。観察を終えて器具を取り外そうとしたところ、骨から外れなくなってしまいました。この時教授は『骨とチタンが結合する』事を発見しました(オステオインテグレーション)。そして1960年になるとチタンは骨だけでなく軟組織(歯ぐきなど)にも親和性がある事を発見しました。
様々な研究の後、1965年に初めてインプラント治療が行われ、そのインプラントは約40年間、何の問題もなく機能しています。

現在、インプラントは世界中にたくさんの種類があります。つい最近発表されたインプラントもあります。ただ、自分の体の一部に用いるものであれば、やはり予知性の確認されたものが好ましいと思います。その中でも最も歴史が長いものがブローネマルクインプラントです。

| | コメント (0)

インプラント治療期間

世界で最も長い実績のあるブローネマルクインプラントは、2回法で行われてきました。インプラント治療を開始して歯が入るまでに上顎で6ヶ月・下顎で4ヶ月時間を要しました。上顎と下顎では骨密度が異なるため治癒期間に差があります。
現在でも治癒期間は、基本的には変わりません。
しかし、Osstell(オステル)というインプラント安定指数を測定する器械を用いる事により、治癒期間をより客観的に把握できるようになりました。
例えば下の総入れ歯や1本の上または下の前歯のインプラント治療はその日のうちに、歯を入れることが出来るようになりました。

また、ブローネマルク インプラントシステムでは一次手術時に使用する器械で、安定状況を把握でき、その日のうちに歯を入れられるかどうかを判断できます。

| | コメント (0)

山口県人口

山口県人口移動調査

下 関 市 285,932
宇 部 市 176,208
山 口 市 191,998
萩  市 55,739
防 府 市 116,381
下 松 市 54,062
岩 国 市 146,762
光  市 53,290
長 門 市 39,764
柳 井 市 35,392
美 祢 市 17,337
周 南 市 150,159
山陽小野田市65,483
周防大島町20,323
和 木 町 6,374
上 関 町 3,410
田布施町 16,309
平 生 町 13,964
美 東 町 5,944
秋 芳 町 5,729
阿 武 町 3,855
阿 東 町 7,155

県 計 1,471,570

| | コメント (0)

インプラントとは

imp_img.gifインプラントは、何らかの理由によって、歯を失った場所に入れ歯やブリッジ(両隣の歯を削ってかぶせる)でなく、単独で歯を作る事が出来ます。
骨の中に金属などを埋め込むことを総称してインプラントと呼びます。歯科では人工歯根のことを指します。以前は材料として金、サファイア、鉄、ステンレス、アルミニウムなど多様な素材が使われてきましたが、どれも良好な結果が得られませんでした。しかし、1965年にスウェーデンの学者のブローネマルク教授が開発したチタン製のインプラントが使用され、現在も安定して使用されています。
これはチタンが骨と結合するという特質をもっていたからです。その代表的なものが「ブローネマルクインプラントシステム」です。

| | コメント (0)

トップページ | 2008年7月 »